読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年を振り返って

あけましておめでとうこざいます。

なんかみんな振り返っているので、少し出遅れましたが2015年を振り返りたいと思います。

  • アジェンダ
    • 英会話教室に通い始めた
    • Goにコントリビュートをした
    • 仕事で作っているプロダクトがリリースできなかった

英会話教室に通い始めた

2014年はGo言語に全てをつぎ込んだ年だったので、2015年は英語を頑張ろうと思っていました。5月のTOEIC試験の結果が700点ラインを上回ったので、会社の教育補助を受けて英会話教室のGabaに通い始めました。

Gabaではほぼ毎週、40分のマンツーマンのレッスンを受けています。レッスンは雑談とテキストを主体に進みますが、雑談で話題を無茶振りされたりはしないので、無理なく進められます。趣味の話で盛り上がったりもあり、アニメ好きの女性講師とシン・ゴジラの話題で盛り上がるのはこう…いいよね…みたいなのもあります。

英会話教室は高価でなかなか踏ん切りがつかないので、こういう機会を持ててよかったです。補助で行けるのは10回までなので、その後は自費で継続しています。

実際にどれくらい英語力が向上しているのかは分かりませんが、ミーティングで突然外国人エンジニアへの説明を振られた時も慌てずに英語で対応できたし、「ああこれくらい喋れれば海外でも生活できるかもなー」みたいな肌感を得られたのは大きな収穫です。相変わらず映画の英語は全く聞きとれないけど対面なら案外大丈夫

Goにコントリビュートをした

技術面で2015年一番よかったのは、Goの標準ライブラリにコントリビュートをしたことです。

net/http: Client support for Expect: 100-continue · Issue #3665 · golang/go

仕事でGoのHTTPクライアントを使っていて、net/http.ClientがExpect: continue ヘッダに対応していないことに気づきました。この仕様はPUT/POSTリクエストのリトライ処理を実装するは重要なものですが、リクエストとレスポンスの例外的なやりとりが含まれ、実装は面倒なものでした。そのせいか、2012年にissueがopenされて以降、実装に至る動きが見られませんでした。

そこで、HTTPのRFCを調べ、net/httpの実装を読み込み、この機能を実装してパッチを送りました。ちょうどGo1.5リリースのためのコードフリーズ期間中だったのでやや期間はあきましたが、Bradfitzに(!)丁寧にコードをレビューしてもらい、無事本体にマージしてもらえました。レビューをしてもらえた時は「Bradfitzが俺のコードを見てくれた!What a lovely day!!」とウォーボーイズみたいな気持ちになっていました。

仕事で使っていて大好きな言語にコードを取り込んでもらえて、しかも自分にとってヒーローのようなプログラマにコードを見てもらえるというのは最高に嬉しい経験でした。

仕事

2015年は、以前から準備していた(Goを使った)プロダクトの開発が本格化し、メンバーも増えて自分の役割も変化していった一年でした。

相変わらずマネジメントはしませんが、技術的には責任を持っているので、どうやってGo経験の浅いメンバーを短時間で訓練して仕事を任せられるようにするか、というのが大きなテーマでした。

序盤では鬼コーチよろしく徹底的にコードをレビューして、主にGoのイディオム面からの指摘や代替実装を教えるという方針を取りました。この方法は大量の駄目出しが必要になりメンバーへの心理的な負荷が大きいのですが、終盤はレビューもそれほど必要なくなったので、結果的には良かったのかなと思います(どのみち性格上変なコードにツッコミを入れずには済ませられないし)。

そのプロジェクトは本当は昨年末リリース予定だったのですが諸事情により2016年1月に持ち越しになってしまったのが心残りです。なので2016年の抱負はまずリリースと、成果を使って色々と展開していきたいです。

本年もよろしくお願いします。